行政書士 社会人独学合格のカギは「スケジュール管理」

行政書士試験合格者の平均的な学習期間は12カ月、学習時間は約900時間といわれています。しかも、受験者の過半数は法律に無縁のサラリーマンやOLの人たちで、彼らは仕事と独学による試験勉強をうまく両立し、合格の栄冠を勝ちとっています。

ところで社会人の独学試験勉強で、最大の問題は何だったのでしょうか?


やはり「時間との戦い」のようです。
   

 会社員がまとまった勉強時間をとるのは難しいものです。もっとも効率的な学習方法は、勤務中や通勤時間、自宅で必ず発生する「スキマ時間」の活用です。お昼休みや会議の待ち時間、外回り、出張、通勤電車、就寝前などに発生する、5分、10分の「スキマ時間」を積極的に使えば、かなりの学習時間を捻出できます。


 職場での勉強は暗記ものに絞り、「リング式暗記カード」を作ってスキマ時間に1枚1枚めくります。完全に覚えたカードは外して捨ててしまい、曖昧なカードだけを徹底して覚えていきましょう。「捨てる」となると必死で覚えるので、覚えたカードは「捨てる」ことが大切です。


ボイスレコーダーを活用するのも一つの手です。覚えておきたい部分を自分で読み上げて録音し、外出時にエンドレスリピートで聞きましょう。ちなみに私の友人は、通勤時に彼女が吹き込んでくれた条文の音読をずっと聴いていたそうです。時々、彼女が漢字を読み間違えたりしても、逆にそのおかげで覚えられたそうです。


まとまった時間をとることができる休日は、テキストの精読や過去問を解くことに集中するとよいでしょう。また、自宅でもテレビを見ている時間や、ネットを見ている時間を勉強にあてれば、平日でも1~2時間は捻出できるはずです。ただ、睡眠時間は必ず6時間程度確保したほうがよいでしょう。集中力の維持には、一定の睡眠時間が必要ですから。有給も上手に活用しましょう。


行政書士試験前の2週間は、精神的に最も集中力が発揮され、実力がつく時期なので、11月の試験直前にまとめて有給がとれるよう準備しておきましょう。


独学にはそれなりの覚悟とスケジュール管理が必要です。試験当日までに、ひととおりの学習すら終わっていないなどということのないようにしましょう。